空き巣が盗んだと勘違いすることも!?

金庫の鍵開けを依頼しようと考えている方は、ここで実際に鍵開けを依頼した方の事案をチェックしてみましょう。

実際に金庫の鍵紛失をした事例

南京錠

普段あまり使わない家庭用金庫は管理が雑になってしまい、金庫の鍵をどこかに置き忘れてしまうことが多いです。ある方は金庫の鍵と暗証番号を金庫の中にしまってしまい、鍵が開けられなくなっていました。どれだけ探しても鍵が見つからないため、もしかしたら空き巣に鍵を盗まれてしまったのではないかと考えていたこともあるとおっしゃっていました。このように鍵紛失が発生するとさまざまな不安が発生してしまい、生活に支障が出てしまう可能性が高いです。金庫の中に保管されている貴重品も取り出すことができなくなるので、金庫の鍵が無くなってしまった場合はすぐに鍵開けを依頼するのが適切です。鍵紛失の際は迅速に相談を行ない、すぐに鍵を開けてもらいましょう。

金庫の鍵はシリンダータイプよりダイヤルタイプがおすすめ

鍵を紛失することなくしっかりと金庫の管理を行ないたい場合は、ダイヤルタイプの金庫を活用するのが最適です。

ダイヤルタイプの仕組み

故障の心配がない
ダイヤルタイプの金庫は鍵穴が無いため、鍵穴が詰まったりして故障が発生することはありません。また金庫を開けるための鍵を保管しておく必要もないため、金庫の鍵が盗まれたり複製されたりするのも防ぐことができます。
ダイヤルタイプの仕組み
ダイヤルタイプの金庫にはダイヤル部分に数字が記載されており、このダイヤルを定められた方向に回すことでロックを解除できます。金庫で定められた番号を変更することはできませんが、セキュリティ性能は極めて高いです。
TOPボタン