金庫の鍵は保管が重要

鍵紛失のトラブルが無事に解決した後は鍵の保管方法をよく考え、二度と鍵を無くさないように対処しましょう。

シリンダータイプの保管方法

持ち歩いたり家族に預ける
金庫の鍵を無くさないように対処したい場合は、鍵を持ち歩く癖をつける必要があります。日頃から鍵を持ち歩く癖をつけておけば、鍵の置き忘れを防ぐことが可能です。また、キーホルダーを使って車や自宅の鍵と一緒に所有しておけば、金庫の鍵だけを紛失することは無くなります。しかし、鍵をポケットなどに入れて持ち歩くと移動している最中に鍵を落としてしまう可能性があるため、鍵をしっかり管理しておきたい場合はカバンの中にしっかり入れる癖をつけ、家族に鍵を預かってもらうとよいでしょう。
テンキーロックの金庫を利用する
鍵の管理や保管を行なうのが難しい場合は、使用している金庫をテンキータイプの物へと変更しましょう。テンキータイプの金庫は鍵の暗証番号を知っている人しか開けることができないため、金庫に保管されたものをきちんと管理することができます。暗証番号を口外しなければ第三者に金庫を開けられる心配もなく、メモに記しておけば暗証番号を忘れることはありません。また、鍵を保管する必要が無いので、鍵紛失などのトラブルも予防することが可能です。

銀行の金庫は最も頑丈!

金庫は一般家庭だけでなく銀行などの施設でも使用されていますが、こうした施設では厳重な管理体制が実施されています。

厳重なセキュリティが施されている

銀行に設置されている金庫は多数の利用者から多額の資金を預かっているため、高レベルなセキュリティシステムが導入されています。また金庫の重さも数トン以上になっており、非常に強固な作りになっているため外から衝撃が加わっても金庫が破損することはありません。難解なダイヤル錠や指紋認証などで扉は管理されており、部外者が金庫を開けることはほぼ不可能です。しっかりと貴重品を管理したい方は、銀行の金庫に貴重品を保管してもらうのが最適です。

TOPボタン